シンガポールREITにまだ投資価値はあるか? 2023, 04 April

シンガポールREITにまだ投資価値はあるか?

シンガポールREITにまだ投資価値はあるか?

(この記事は、2022年12月9日発行の英語記事“Are Singapore REITs still a good buy?”の日本語訳です。内容については英語による原本が日本語版に優先します。)

 

コロナ後のシンガポール国境開放に伴って、シンガポールへの投資をお考えでしょうか?

国境開放に伴う経済成長の恩恵を受けると予測される、観光、一般消費財、ロジスティクス、製造業、ヘルスケア、情報技術等のセクターの株が一般的に考えられる投資先かと思われます。しかしながら、各セクターから満遍なく個別株をピックアップするのは難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。

シンガポール・リート(REIT)は、これらのセクター全てをカバーする、検討する価値のある投資先の1つといえます。更に、シンガポールREITへの投資で世界不動産へのエクスポージャーも得られます。

世界的にもコロナ後の経済活動が再開する中で、シンガポール経済もここ数か月で明確な回復の兆しを見せています。

シンガポールは2022 年5月以降、段階的にビジネス、観光ともに国境開放を続けており、世界的にもトップの速さで経済回復を遂げています。2022年 第2四半期は、GDP成長率が4.4%でした。シンガポール貿易産業省(MTI)によると、2022年のコンセンサスGDP成長率の見直しで、3‐5%になると予測されています。

シンガポールREITのインデックスである、iEdge S-REIT Indexでは、2022年10月にトータルリターンが5.6%下落した後、2022年11月に5.7%上昇しています。これは、世界の適格不動産株の全般的なトレンドを反映するFTSE EPRA Nereid Developed Indexの同時期の上昇率3.5%をアウトパフォームしています。

2022年11月にパフォーマンスの良かったシンガポールREITのセクターは、データセンター、複合および産業施設で、それぞれ、平均12%、 8%、 4%のリターンをあげています。2022年第3四半期にホテルセクターでは、大規模イベントやMICE*、海外旅行者からの需要により、客室稼働率、RevPAR(販売可能客室1室あたりの売上)ともに大きな上昇がみられました。

*MICE: 企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議 (Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を使った造語で、これらのビジネスイベントの総称 (出典 日本政府観光局)

2022年11月にトータルリターンが2桁だった6つシンガポールREIT:

  1. Digital Core REIT: DCRU +4.27% (+18.1%)
  2. CapitaLand China Trust: AU8U +1.75% (+16.5%)
  3. Daiwa House Logistics Trust: DHLU -1.55% (+16.1%)
  4. OUE Commercial REIT: TS0U 0% (+12.3%)
  5. SPH REIT: SK6U -1.11% (+10.4%)
  6. CapitaLand Integrated Commercial Trust: C38U -0.49% (+10.1%)2

それでは、シンガポールREITをポートフォリオに加えるべき理由を見ていきましょう。

シンガポールREITにまだ投資価値はあるか?Source: MTI, SingStat as of April 2022; MOH as of 30 September 2022

  • 経済活動、観光ともに再開の本格化
  • 世界トップレベルの経済回復
  • 2022年 第2四半期のGDP成長率4.4%
  • 2022年のコンセンサスGDP成長率は、3‐5%に予測見直し

 

安定したシンガポールドル

シンガポールREITにまだ投資価値はあるか?

Source: PCM. Macrotrends.net 3rd Oct 2022

  • 1990年以降、シンガポールドルは米ドルに対して約1.1%(年率)強くなっている。
  • 1990年から2022年にかけて、USD1がSGD1.8からSGD1.43にシンガポールドル高に

シンガポールREITの特徴

アジア太平洋地域最大級のREIT市場

  • 40以上のREIT/ステープルREITがシンガポール証券取引所に上場
  • 様々ななセクターからなる多様な資産
  • シンガポール国内ならず国外の資産も保有。シンガポールREITには、下記の様な重要不動産があります。
    1. 商業施設 – Ngee Ann City, Paragon, Plaza Singapura
    2. オフィス – Marina Bay Financial Centre, One Raffles Place, Raffles City
    3. 産業施設– Nexus@One-north, Viva Business Park, Changi Business Park
      ホテル– Mandarin Orchard Hotel, Ascott Raffles Place

シンガポールREITの「国際化」

シンガポールREITにまだ投資価値はあるか?

Source: Bloomberg, SGX (31 October 2022)

  • シンガポール国外不動産に投資するシンガポールREITの増加
  • シンガポール国外REITのシンガポール証券取引所への上場の増加
  • 投資家はシンガポールREITで世界不動産へのエクスポージャーを得られる

REITに投資する利点

  • 流動的でフレキシブル – いつでも現金化が可能
  • 安心感 – 物件の修理やメンテナンスを心配する事なく不動産を所有する事ができる
  • 定期収入 – 年間分配金利回り4-5%。実際の家賃収入より高い利回り。

フィリップキャピタルが運用するREIT

  • Phillip SGX APAC Dividend Leaders REIT ETF (listed 2016) (First Dividend Focused Asia Pacific REIT ETF; Tracks SGX APAC ex-Japan Dividend Leaders REIT Index; Most Innovative ETF Awards, SGX 2016)
  • Lion-Phillip S-REIT ETF (listed 2017) (Collaboration with Lion Global Investors, one of Singapore’s largest fund managers; First ETF to focus solely on Singapore REITs; Tracks the Morningstar® Singapore REITs Yield Focus IndexSM)
  • Phillip SING Income ETF (listed 2018) (Encompasses stocks of 30 high-quality Singapore listed companies; Tracks the Morningstar® Singapore Yield Focus IndexSM 2020)
  • Phillip Global Rising Yield Innovators Fund
  • Phillip SGD Money Market ETF 2021
  • Phillip Quality Fund (January 2021)
  • Phillip Leveraged and Inverse Products (September 2021)

For more information, go to Home – Phillip Capital Management (phillipfunds.com)

シンガポールREIT市場の特徴

質の高いスポンサーと資産 – REIT の不動産ポートフォリオには、稼働率に回復力があるアイコニックな建物など、質の高い資産が含まれる傾向があります。強力なバランスシートまたは政府提携を持つスポンサーが、資金調達または資産注入を提供。

規制の枠組み – REITは、税制上の優遇措置を受けるために、利益の90%を投資家に支払うことが法的に義務付けられています。REIT のレバレッジ上限は、45%から50%に引き上げられ、ユニットホルダーに分配する所得は非課税となります。

カタリスト –住宅セクターにおける規制措置の強化により、関心が商業、産業セクターに推移しています。これまでの低金利環境により、投資家は高利回りでありながら比較的安定した資産クラスを選択。例)アジア債券とREIT。

シンガポールREITの多様なセクター

シンガポールREITにまだ投資価値はあるか?

  • セクターエクスポージャーは程よく分散。
  • 複合セクターのREITが23%で最大の割合を占め、残りのセクターへのエクスポージャーは、均等に分配。
  • シンガポールREITのポートフォリオは、地理的にもセクターを通じても、大幅な分散を提供。

セクター別見通し: 産業施設

  • 2022年第3四半期時点で、全産業施設の稼働率は90%
  • 2022年第3四半期の賃料指数は2.1%上昇
  • 2022年には新規施設完成が増えたが、シンガポールの経済回復に伴う需要によりすぐに占拠された
  • 新施設完成の増加に伴う供給増により、今後の稼働率上昇は緩やかに

セクター別見通し: 産業施設(新規建設施設)

  • 2022年第2四半期には、154万平方メートルが建設中。2022年度末に完成予定。
  • 新規施設の44%がシングルユーザー工場、36%がマルチユーザー工場、17%が倉庫、3%がビジネスパークとなっている。
  • シングル/マルチユーザー工場の賃料と価格緩和が予想される。

セクター別見通し: 商業施設

  • 2022年第2四半期以降回復が見られた。全商業施設の稼働率92%に対し、商業施設シンガポールREITの稼働率は引き続き95%を保った。空室率は、個人所有の商業施設でより多くみられた。
  • 郊外の CapitaLand Integrated Commercial Trust (CICT) および Frasers Centrepoint Trust (FCT) モールの買い物客のトラフィックは、2019 年のCOVID前の平均の50~65%で推移。ただし、CICT および FCT 郊外モールのテナントの売上高は、月平均で平方フィートあたり、COVID前の平均の80~94%に回復。
  • 魅力的な分配金利回り
  • 2022年第2四半期以降、売上高は回復

セクター別見通し: オフィス

  • 直近の新規供給は低い: 2021年の建設から供給される総床面積はわずか 70,000平方メートルであり、既存の供給の 0.86%に相当。
  • 2022年第3四半期には、空室率が2017年第4四半期レベル付近の11.7%まで上昇。
  • シンガポール国外への物理的エクスポージャー。時価総額ではシンガポールREITオフィスセクターの60%以上が国外へのエクスポージャー。
  • “在宅勤務‐オフィス勤務”のハイブリッド型の増加に伴い、企業が物理的なオフィススペースの“最適化”を続けている為、オフィスセクターのファンダメンタルは依然として弱い。
  • 賃貸利回りに対する継続的な下方圧力。占拠率の回復からの埋め合わせは限定的。

セクター別見通し: ホテル

  • 2022年10月の平均稼働率は26%上昇し、85%に。前年比20.6%増。
  • 前年比は、2021年9月より14か月連続でプラス。
  • 2022年4月1日の国境開放以来、稼働率は60%を超えて増加し、2022年10月には85%まで増加。
  • 2022年10月の時点で、RevPARは239.1ドルで、前年比132.8%増加し、コロナ前のレベルを上回った (2022年9月~10月) 。
  • 2022年10月の時点で、RevPARは239.1ドルで、前年比132.8%増加し、コロナ前のレベルを上回った (2022年9月~10月) 。
  • 稼働率~79%
  • RevPAR は2022年9月と10月にコロナ前のレベルを超えた。~239.10ドル
  • 中国がさらに開放される2023年には、RevPARも上昇すると予測される。

REITは、市場をアウトパフォーム

シンガポールREITにまだ投資価値はあるか?

シンガポールREITにまだ投資価値はあるか?

 

  • アジア太平洋地域の主要REITは、各国の一般市場をアウトパフォーム。
  • 2017年6月~2022年6月の総リターン(現地通貨)

出典:: ブルームバーグ

 

REITと不安定な市場

  • 一般的にREITは金利上昇局面でも耐性がある。
  • 市場もREITマネージャーも、金利上昇は漸進的であると予測
  • 多くの経験豊富なREITマネージャーは、既存の金利環境を利用して固定金利で資金調達コストを固定。
  • 利上げは、分配金支払いに大きな影響はないと予測

重要ポイント

  • シンガポールのDGP成長率は3~5%
  • ロジスティクス、データセンター、ビジネスパーク、ヘルスケアセクターに長期的な機会
    • オーバーウェイト – 産業施設、商業施設
    • ニュートラル– ホテル, オフィス
  • 産業施設において大幅な新規施設が建設中
  • 商業施設の安定した稼働率。郊外のモールの賃貸利回りに回復力が見られる。
  • オフィスは稼働率の低下。シンガポールREITのオフィスセクターは国外にも分散。
    • 企業のオフィススペース見直しによる需要の変化
  • 飛行機旅行の回復による、ホテルセクターの再開

Reference:

Disclaimer

These commentaries are intended for general circulation. It does not have regard to the specific investment objectives, financial situation and particular needs of any person who may receive this document. Accordingly, no warranty whatsoever is given and no liability whatsoever is accepted for any loss arising whether directly or indirectly as a result of any person acting based on this information. Opinions expressed in these commentaries are subject to change without notice. Investments are subject to investment risks including the possible loss of the principal amount invested. The value of the units and the income from them may fall as well as rise. Past performance figures as well as any projection or forecast used in these commentaries are not necessarily indicative of future or likely performance. Phillip Securities Pte Ltd (PSPL), its directors, connected persons or employees may from time to time have an interest in the financial instruments mentioned in these commentaries. Investors may wish to seek advice from a financial adviser before investing. In the event that investors choose not to seek advice from a financial adviser, they should consider whether the investment is suitable for them.

The information contained in these commentaries has been obtained from public sources which PSPL has no reason to believe are unreliable and any analysis, forecasts, projections, expectations and opinions (collectively the “Research”) contained in these commentaries are based on such information and are expressions of belief only. PSPL has not verified this information and no representation or warranty, express or implied, is made that such information or Research is accurate, complete or verified or should be relied upon as such. Any such information or Research contained in these commentaries are subject to change, and PSPL shall not have any responsibility to maintain the information or Research made available or to supply any corrections, updates or releases in connection therewith. In no event will PSPL be liable for any special, indirect, incidental or consequential damages which may be incurred from the use of the information or Research made available, even if it has been advised of the possibility of such damages. The companies and their employees mentioned in these commentaries cannot be held liable for any errors, inaccuracies and/or omissions howsoever caused. Any opinion or advice herein is made on a general basis and is subject to change without notice. The information provided in these commentaries may contain optimistic statements regarding future events or future financial performance of countries, markets or companies. You must make your own financial assessment of the relevance, accuracy and adequacy of the information provided in these commentaries.

Views and any strategies described in these commentaries may not be suitable for all investors. Opinions expressed herein may differ from the opinions expressed by other units of PSPL or its connected persons and associates. Any reference to or discussion of investment products or commodities in these commentaries is purely for illustrative purposes only and must not be construed as a recommendation, an offer or solicitation for the subscription, purchase or sale of the investment products or commodities mentioned.

 

 

 

Contact us to Open an Account

Need Assistance? Share your Details and we’ll get back to you

IMPORTANT INFORMATION

This material is provided by Phillip Capital Management (S) Ltd (“PCM”) for general information only and does not constitute a recommendation, an offer to sell, or a solicitation of any offer to invest in any of the exchange-traded fund (“ETF”) or the unit trust (“Products”) mentioned herein. It does not have any regard to your specific investment objectives, financial situation and any of your particular needs. You should read the Prospectus and the accompanying Product Highlights Sheet (“PHS”) for key features, key risks and other important information of the Products and obtain advice from a financial adviser (“FA“) pursuant to a separate engagement before making a commitment to invest in the Products. In the event that you choose not to obtain advice from a FA, you should assess whether the Products are suitable for you before proceeding to invest. A copy of the Prospectus and PHS are available from PCM, any of its Participating Dealers (“PDs“) for the ETF, or any of its authorised distributors for the unit trust managed by PCM.  

An ETF is not like a typical unit trust as the units of the ETF (the “Units“) are to be listed and traded like any share on the Singapore Exchange Securities Trading Limited (“SGX-ST”). Listing on the SGX-ST does not guarantee a liquid market for the Units which may be traded at prices above or below its NAV or may be suspended or delisted. Investors may buy or sell the Units on SGX-ST when it is listed. Investors cannot create or redeem Units directly with PCM and have no rights to request PCM to redeem or purchase their Units. Creation and redemption of Units are through PDs if investors are clients of the PDs, who have no obligation to agree to create or redeem Units on behalf of any investor and may impose terms and conditions in connection with such creation or redemption orders. Please refer to the Prospectus of the ETF for more details.  

Investments are subject to investment risks including the possible loss of the principal amount invested. The purchase of a unit in a fund is not the same as placing your money on deposit with a bank or deposit-taking company. There is no guarantee as to the amount of capital invested or return received. The value of the units and the income accruing to the units may fall or rise. Past performance is not necessarily indicative of the future or likely performance of the Products. There can be no assurance that investment objectives will be achieved.  

Where applicable, fund(s) may invest in financial derivatives and/or participate in securities lending and repurchase transactions for the purpose of hedging and/or efficient portfolio management, subject to the relevant regulatory requirements. PCM reserves the discretion to determine if currency exposure should be hedged actively, passively or not at all, in the best interest of the Products.  

The regular dividend distributions, out of either income and/or capital, are not guaranteed and subject to PCM’s discretion. Past payout yields and payments do not represent future payout yields and payments. Such dividend distributions will reduce the available capital for reinvestment and may result in an immediate decrease in the net asset value (“NAV”) of the Products. Please refer to <www.phillipfunds.com> for more information in relation to the dividend distributions.  

The information provided herein may be obtained or compiled from public and/or third party sources that PCM has no reason to believe are unreliable. Any opinion or view herein is an expression of belief of the individual author or the indicated source (as applicable) only. PCM makes no representation or warranty that such information is accurate, complete, verified or should be relied upon as such. The information does not constitute, and should not be used as a substitute for tax, legal or investment advice.  

The information herein are not for any person in any jurisdiction or country where such distribution or availability for use would contravene any applicable law or regulation or would subject PCM to any registration or licensing requirement in such jurisdiction or country. The Products is not offered to U.S. Persons. PhillipCapital Group of Companies, including PCM, their affiliates and/or their officers, directors and/or employees may own or have positions in the Products. Any member of the PhillipCapital Group of Companies may have acted upon or used the information, analyses and opinions herein before they have been published. 

This advertisement has not been reviewed by the Monetary Authority of Singapore.  

 

Phillip Capital Management (S) Ltd (Co. Reg. No. 199905233W)  
250 North Bridge Road #06-00, Raffles City Tower ,Singapore 179101 
Tel: (65) 6230 8133 Fax: (65) 65383066 www.phillipfunds.com